銘柄

国土強靭化関連 災害/復旧関連 #異常気象関連

更新日:

地球の地軸は少しづつズレています。この影響から最近では関東地方に上陸する台風が増えていますし今後さらに増える可能性があります。

さらに温暖化の影響により強い台風が増えています。今までは西日本上陸という台風が多かったが今後は首都圏の被害も大きくなってきますので国土強靭化関連が物色されることが多くなると思います

6289技研製
同社は、独自の圧入技術で杭(くい)を地盤に押し込む「インプラント工法」のパイオニア。機械と工事を手掛け、これまでも震災や水害に絡んでマーケットで注目されてきた。株価は8月に10カ月ぶりに3000円を割るも、その際接近した月足チャートの36カ月移動平均線は強力な下値のサポート。復調の気配を見せている株価は一段と騰勢を増す情勢にある。

4748構造計画研究所
水位と雨量のデータからリアルタイムで河川の氾濫を予測するシステム「リバーキャスト」を開発。台風や豪雨時の避難判断をめぐって貢献する余地が大きい。内閣府の主導する防災・減災の強化プロジェクトにおいても、避難・緊急活動支援統合システムの開発に参画している。株価は、今6月期に前期比2割超の営業増益を見通す業績予想を打ち出したことで、8月に底値圏から急浮上。その後はもみ合いが続き相場は煮詰まってきた。

1443技研ホールディングス
河川や港湾の補強、道路ののり面といった災害防除工事を手掛ける技研興業を擁する.時価総額わずか46億円と値動きの軽いサイズ感だ。景観を守る護岸ブロック、高強度の鋼材を地中に挿入して斜面を安定させる特殊工法、落石防護柵などを展開し、こうした局面で連想が向かう材料は豊富。株価200円台と低位の魅力も。

-銘柄
-

Copyright© グッドの株式銘柄情報 , 2019 All Rights Reserved.