トランプ大統領 日経概況 海外市況概況

夜間下落 米中対立は複雑

投稿日:

米中対立は深いです

「米議会委、香港人権法案を全会一致で可決」
・トランプ大統領 米市場の中国企業の上場廃止を検討
弾劾の動きが出てきたことにより、懸念していたことが始まったかな?

大統領選を控えて「柔軟路線」になったトランプ氏の方向転換

「再選が厳しくなったので強硬になるのか?」「柔軟路線は米国の意志とは違うので弾劾の動きが始まったのか?」2週間前のボルトン解任の時に何だか方向がブレてきたなあと感じた人は多いと思います。

そもそもこの騒動への流れについて考えると・・・民主党、ひょっとすれば中国の戦略なのかと考えてしまいますがもっとアメリカのコアな部分で物事が動いているのかも?どちらにしろ「米国の意志」(企業や国民ではない)は柔軟路線ではなく覇権維持なのです。

フィラデルフィア連銀総裁「9月利下げに反対」

まともな意見と思います。9月利下げはインフレと雇用を調整するためのFRBの仕事を超えていると思います。米指標は強いのですからね。株価や不動産価格が必要以上に上昇する必要はないでしょう。まあ連銀総裁の意見でシナリオは変わらないでしょうけど。

指標 終値 前日比 (%) 高値 安値
日経夜間 21720 -90 -0.41 21920 21670
CME日経 21750 -215 -0.98 21985 21670

 

指標 終値 前日比 (%)
NYダウ 26820.25 -70.87 -0.26
NASDAQ 7939.63 -91.03 -1.13
S&P500 2961.79 -15.83 -0.53
SOX指数 1542.87 -37.23 -2.36
VIX指数 17.22 1.15 7.16
S&Pセクター別 終値 前日比 (%)
一般消費財 939.36 -3.5 -0.37
素材 362.03 -0.94 -0.26
工業 653.53 -2.7 -0.41
主要消費財 626.39 -0.51 -0.08
金融 466.03 1.1 0.24
不動産 243.22 -1.92 -0.78
エネルギー 440.45 0 0
ヘルスケア 1034.11 -4.36 -0.42
通信サービス 166.67 -1.56 -0.93
情報技術 1398.82 -18.16 -1.28
公益事業 328.29 -1.13 -0.34

-トランプ大統領, 日経概況, 海外市況概況

Copyright© グッドの株式銘柄情報 , 2019 All Rights Reserved.