お勧め テクニカル&検証 日経225

日経先物投資術 入門

更新日:

 はじめに

先物投資という言葉を聴いてどんなイメージをもたれるでしょう?
「先物は怖いから手を出すな」「知り合いが破産した」「素人が手を出してはいけない」
などなど怖いイメージしかないのではないでしょうか?

確かに先物はレバリッジが利いているのでそれは否定しません。リスクはあります
しかし正しい心構えで投資しないのであれば、それは株式投資でも同じです
逆に言えば先物も正しく管理できればリスクは株やFXをするのと同じです。
むしろ機関投資家と対等に勝負できるのは先物取引と言えます。

おそらく「先物」という呼称が皆さんを先物から遠ざけているものだと思います。
いいですか? 先物は怖いのはメンタル(心構えとトレード手法の間違い)
むしろ個人投資家に人気の新興市場銘柄よりも安全です。
それは特定のお金持ちが自由に動かせない規模であることと
倒産がないからです!

ただ最初に書いたようにレバリッジが利いているのでやり方を間違えれば
リスクのある商品となります。

日経225miniのメリット

少ない保証金で運用できる( 先物miniならば1枚約5~6万円の保証金)
これはその時の直近の日経平均の値幅で算出されるのですが
だいたい多いときでも10万円以下です。

日経平均が10円動くとminiならば1000円の益をえることになります。
日経平均が15000円ならばそれを100枚 150万円分運用していると思えばいいのです。
だから150万円先物投資の口座に入れて運用するならば現物株と同じです。
150万円の保証金で20枚とか運用すると大変リスクのある商品になりますが・・・

先物mini1枚で運用するならば、個人的には15万円もあればいいかと思います。
1枚の場合ですよ!! 余裕があれば50万で1枚の運用がお勧めです!!
ちなみに私は最初のころ1枚あたり8万で運用していました。

「絶対勝てる」とか「1億円儲かる」とかは言いません。
間違ったトレード方法をしなければ
大きなチャンスを掴む可能性がある!! それが日経先物です

先物取引とは

「ある商品」を「取り決めた日」に「取り決めた価格」で売買することです。
難しいようで実に簡単!

つまり次の日曜日にりんごを100円で買う約束をします
日曜日にりんごの時価が120円ならば20円の儲け 80円ならば20円の損。
これが先物取引です。

米や穀物は自然災害もあって先物取引するにはリスクのある商品に感じますが
ここでの先物は日経平均を基にした先物指数。倒産のない金融商品です。

普通の株式投資と大きく違う点は一つ
株式投資は買ったときよりも株価が値下がりしても、
値上がりするまで待てばいいわけですが・・・。
先物投資は決められた日に決済しなければいけません。

これが一番のデメリットになります。
つまり決済の日には買った人か売った人どちらかが必ず敗者になるのです。
勝敗を決めるとなればリスクが高いように思うでしょうが
決済日までに決済は出来るわけです。利益が乗った所で決済すればいいのです

またリスクヘッジとして売買してる人が多く居ます
株式を大量に買い、抱え込んでいる人はヘッジとして先物を売っています。
保険として売っているので彼らは負けても良いのです。

抱え込んでいる銘柄で利益が出るわけですから!
そう考えると個人投資家でも機関投資家に勝てる可能性が多い
学ぶということを怠らなければ、勝てるようになるそれが日経先物取引です。
「リスクヘッジとして生まれた先物取引」こちらも参考に!

 日経平均株価とは

日本経済新聞社がその銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する
民間が作成している経済指標でありながら、認知度が最も高い為、
日本国政府の経済統計としても使われている

日経平均株価の先物取引を「日経先物」「日経225先物」と呼ぶ。
ニュースでも毎日、「本日の日経平均株価は・・・」などと報道されているように
為替と並んで一番注目される、気になっている人が多い指数ですね
どうも「怖い」とか暗いイメージを持つ人も多い「先物」ですが
ネガティブにならず堂々と日経先物取引をしましょう!
FXだって先物になるわけだし、日経先物も「先物」って呼ばずに
「NIKKEI225」に統一すればいいのにと思いますね。

メリット

  • 出来高が多いので買い手が居ない、売り手が居ないということがありません
  • 一日の値幅が150円ほどあり、流動性も高いのでデイトレードにも向いています
  • 注目度は個別銘柄と比べ物にならないので細かなニュースを探さなくても良い
  • テクニカル投資主体で割切って投資することが出来る
  • 企業とは違って倒産することがない
  • 9:00~15:10と16:30~翌5:30 と営業時間が多い

デメリット

  • 清算日がありその日までに決済するか、期日には損失があっても清算しなければならない
  • レバリッジが利いている(少ない資金で大きな金額分の売買が出来る)
  • これはメリットでもあり、デメリットにもなります。

日経先物取引のやり方

先物オプション口座の開設
まず証券会社で先物売買できる口座を開設しましょう。
ネット売買できる証券会社で先物チャートを見ながら売買できることが重要です。
どこがお勧めかは個人によって違うと思いますが、大きな差は無いように思います。
取引手数料と専用のツールを見比べて決まるといいでしょう。

先物取引のルール
現物株では○○株を千株持っていると表現しますが、
先物の場合は「1枚買い建てている」「1枚売り建てている」と表現します。
または「1枚買い玉を持っている」「1枚売り玉を持っている」と表現します。
決済日までの保有なので「建てる」と表現するのでしょう。

建てた玉は決済日に決済するか、それまでに売買して清算します。
多くの場合は決済前に売買して手仕舞いするのですが、しなかった場合は
決済日に算出される決済値で清算することになります。
決済日のことをSQ日 決済日に算出される決済値のことをSQ値と言います。

SQ日とSQ値

SQ日は日経先物の場合は3の倍数月の第二金曜日です。
その日の日経平均の始値をSQ値といいます。
第二金曜日は祝日の場合は木曜日に繰上げとなります

また決済日を区別する呼称は
3月限 6月限 9月限 12月限と呼びます。
12月の第二金曜に決済するものは「12月限(ぎり)」と呼ぶわけです。

証拠金(保証金)

株価指数先物・オプション取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。
必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)に
よって計算され、
(SPAN証拠金額×証券会社が定める掛目)-ネット・オプション価値総額+先物両建て証拠金
となります。
まあ難しく考えずに5万前後と考えておけばいいでしょう。
ただ値幅が大きいときは8万円弱にもなりますが、前もって連絡があるので問題ないと思います。

日本取引所グループ資料パンフレット
細かなルールなどはこちらで確認してくださいね

12月限を買って3月限を売るなど色々な投資法もありますが、まずは3の倍数月の期近を使って
デイトレードまたはショートスィングトレードすることをお勧めします。

機関投資家などを相手に勝つ投資をする為にも、プロのまねはしないで、
個人投資家らしいトレード方法で売買する方がいいと感じます。

次はテクニカル編に続きます

-お勧め, テクニカル&検証, 日経225

Copyright© 日経先物投資術 , 2018 All Rights Reserved.