日経概況

日経概況

投稿日:

世界景気減速懸念から朝方は売りが先行、下げ渋ると自律反発を狙った買いが次第に優勢となった。中国が対ドルでの人民元基準値を小幅な元安・ドル高水準に設定したとの見方や、上海など中国株が上昇したことも買い安心感に。

「トランプ大統領が習近平主席と近く電話会議をすると明らかになったことが、ある程度評価されたものの、先行きは依然として不透明だ。香港でのデモ活動は週末に活発化することから、週末前に事態悪化を懸念する投資家の売りも入っている可能性がある」との声も 。

まあ何だかんだ理由を付けても閑散相場です。 中国株の上昇は下げ渋りになりますし、トランプがまた口先介入しだしていますし、大崩れ回避は続きますね。

-日経概況

Copyright© グッドの株式銘柄情報 , 2019 All Rights Reserved.