テクニカル&検証 日々検証 相場観

日経解析と結果

投稿日:

7/7の研究室書き込みと結果を添付しておきます。

日経解析

日経解析  グッド  - 19/7/7(日) 19:45 -

米国が上値追いするなら利下げ期待が理由になりそうで 円高に動きやすくなるので日本株は出遅れます。 出遅れれば日米協議でトランプの揺さぶりもあるでしょうし、 消費増税や英離脱懸念が高まってきそうです。 ただトランプ大統領が対中国、対北朝鮮、対イランに対しても 予想外にハト派なんですよね。 昨年の中間選挙以降、一時の暴君ぶりがナリを潜めています。 と考えると来年の大統領選をにらんで暴走はしないように思います。 つまり株価上値追いを狙っているように思います。 日経 テクニカル的には 現在は戻り継続の買いシグナル。米中懸念、メキシコ懸念で大方の悪材料を織り込んだとみて良いでしょう。その間の揉みあいゾーンを上へ放たれましたので。ただ上値追いは新たな材料が必要に感じます。 日経先物 20900~21400の揉みあい帯が下値サポートゾーンになります。 現在は21500~21800レンジ内の揉みあい。 21800を抜いて上へ抜ければ21900~22200のレンジがターゲット。 21500を割り込み下へ抜ければ段階的に 21200~21400、21000~21200 20860~21100の値動きしやすいレンジがあります。 参院選もありますが次は日本時間8月1日午前3時のFOMC声明へ向けての 思惑と今週から激しくなる米中協議が材料になるかと思います。

結果

週間の動き 先物 安値~高値 21440~21690  日経平均は先物より約30円高い。
予想通りに利下げ期待で上昇も日本株は出遅れ。
日米協議 英離脱懸念など次の下落懸念が高まるまでに下値を固めれればいいんですが。

少々の懸念ならば、外国人売りは一巡したと思うので「日銀買い」が下値を支える可能性は高い。

no image
米市場大幅続伸

米総務省がファーウェイへの規制強化を一部3カ月猶予期間を設けることを発表。米中懸念が少し後退した。 ドイツと中国が経済刺激策を考えていることや、週末のジャクソンホールでFRB議長がハト派的なことを言う ...

続きを見る

 

-テクニカル&検証, 日々検証, 相場観

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.