市況概況 海外市況概況

昨夜の米市場 FOMC&日米首脳会談

更新日:

指標 終値 前日比 高値 安値
NYダウ 26385 -106.93 -0.4 26606 26349
S&P500 2906 -9.59 -0.33 2931 2903
NASDAQ 7990 -17.11 -0.21 8067 7983
CME225 23880 -120 -0.5 24025 23825

・米利上げ決定 FOMC通過後一時株価は上昇したが
その後は金融株下落で急落となった。

日米首脳会談

「日米間で貿易の交渉を始めることで合意した」
今回の首脳会談で合意したのはここまで。

日本は「2国間交渉は有り得ない!TPP復帰を」
米国に求めてきた。

米国は「TPPより有利な条件を引き出させる」としてTPPを離脱。
日本に2国間交渉を受け入れるように求めてきた。

2国間交渉を受け入れることで米中間選挙への配慮とし
自動車追加関税の凍結を狙いとして
交渉入りを受け入れたと推測できます。

通商対話はこれまでやってきたわけですが・・・
2国間交渉になれば決まる話が多くなってきそうですね

FOMC

FRBは26日まで開いたFOMCで
フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を
2.00─2.25%に引き上げることを決定した。利上げは予想通り。

今後の見通しについては、
年内は12月にあと1回の利上げと予想。
2019年は3回、2020年は1回との見通しを示した。

FOMC声明文 いつもの「緩和的な利上げ」から
緩和的という文言が削除された。
米利上げが最終局面に近づいたことだと市場は判断し
一時、株価は高くなったが。

長短国債金利差が縮小し金融株が売られた。

-市況概況, 海外市況概況
-, ,

Copyright© 日経先物投資術 , 2018 All Rights Reserved.