テクニカル&検証 相場観

昨年の9月4週 15分足 検証

更新日:


昨年の9月権利落ち週の15分足です

2017年
北朝鮮リスクで上値を抑えられていましたが
10月に入って衆院選と中間決算を材料に揉みあい突破後に急騰
PER16倍に迫る24120円まで4000円幅上昇しました

2018年
米中貿易懸念でというか米の保護貿易で上値が重かったですが
9月SQと配当権利取りで揉みあい突破
米中間選挙があります。
同様にPER16倍水準まで上昇するならここから3500円幅ほど上昇余地があります。

注意したいのはPERは過去の結果、現在の企業業績と株価の関係で会って
先行指標ではありません。中間決算~来期決算まで見通しが悪いと
12倍程度まで下がります。先行き期待だと16倍程度まで上がります。

なので下落相場に突入した後の「PERは割安から買い」というのは
コラムを書いている人のポジショントークです。

今はある価格を割ってくるまでは押し目買いで良いと見ています。

-テクニカル&検証, 相場観
-

Copyright© 日経先物投資術 , 2018 All Rights Reserved.