日々検証 日経225

12/13 日経先物動向

投稿日:

日本時間
中国がカナダ人を拘束 先日のファーウェイ幹部逮捕への報復であり
懸念されたが上海市場が落ち着いた後は引き続き買戻し優勢となった。
高値圏で揉みあいそのまま大引けまで。
SQ絡みの買戻しでしょう。

米時間
日経先物はナイトセッションから3月限へ。
夕方の開始直後の動きを見れば高く推移しているように見えるが
シカゴなどと比べると50円ほど安い。
12月限と3月限も50円~100円のギャップがあった。

夜間、ダウは米中懸念後退期待でやや続伸したが
欧州が量的緩和終了を予定通りに行うことを確認。
ナスダック、S&P500は下落となった。

6月SQ 9月SQも通過後1週間ほどは強く動き
その後は下方向へ動いていったので今回もその流れか?

米国のQ2政策が終了した2014年 欧州と日本が異次元緩和を
行い世界の相場を下支えした。その欧州の国債購入プログラムが終了することは
大きな懸念ではある筈だがさほど大きく懸念されていないことに不安を感じる。
なおECBは国債償還後は再投資する予定。

-日々検証, 日経225
-

Copyright© グッドの株式銘柄情報 , 2019 All Rights Reserved.