トランプ大統領 日々検証 日経225 日経概況 海外市況概況

2019/07/16 日経概況 夜間概況

投稿日:

東証時間は米株の上昇に影響されずに下落。米時間は既定路線の利下げに対して金融株が下落主導。トランプの中国をめぐる発言も売り材料。

東証時間概況

米株高に乗り遅れている日本株はこの日は嫌気売りが先行。 中国GDPを受けて安値徘徊をつづけた。
中国国家発展委員会「中国は外部要因、国内構造要因による圧力で下振れリスクに直面している」とのコメントも売り材料になった。

米時間

利下げ期待での株価上昇が落ち着いたところで、利下げで利ザヤが減少する金融株が売られた。
トランプ「米中協議には時間がかかる」 これって今までと言っていることが違います。
「中国に関税をかけることもできる」 こういう発言は上手く進まないときに繰り返し言いますね。
先週から本格化しているはずの米中協議で進展が見られないとのことで米株は反落。

FRB議長「下振れリスクの高まり」と「FRBは適切に行動する」との発言を繰り返しています。
月末のFOMCで0.25%利下げなら折り込み済みで売られ、0.5%利下げなら超短期的に買われる可能性もあるが、それだけ事態は深刻ということでやはり売られやすいかと思いますね。そんな中で史上最高値を付けているということはバブルに近いものがあります。

2019/07/16 日中~夜間 日経先物大証

指標 終値 前日比 (%) 高値 安値
日経夜間 21480 120.00 -0.09 21520 21430
CME日経 21465 -130.00 -0.60 21620 21435
指標 終値 前日比 (%)
NYダウ 27335.63 -23.53 -0.09
NASDAQ 8222.80 -35.39 -0.43
S&P500 3004.04 -10.26 -0.34
F半導体 1499.64 -16.28 -1.07
VIX指数 12.86 0.18 1.42
S&Pセクター別 終値 前日比 (%)
一般消費財 987.40 -1.77 -0.18
素材 367.37 0.69 0.19
工業 662.02 4.28 0.65
主要消費財 617.20 0.07 0.01
金融 466.27 -1.21 -0.26
不動産 232.86 -0.43 -0.18
エネルギー 467.15 -5.32 -1.13
ヘルスケア 1066.40 -5.39 -0.50
通信サービス 170.73 -0.11 -0.06
情報技術 1415.80 -12.99 -0.91
公益事業 306.93 -1.76 -0.57

-トランプ大統領, 日々検証, 日経225, 日経概況, 海外市況概況

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.