日々検証 日経225 日経概況 海外市況概況

2019/04/15 日経先物15分足 日経概況

更新日:

日本時間
昨年12月4日以来およそ4カ月ぶりに心理的節目の2万2000円を回復した。 中国の景気改善期待や米金融機関の好決算を背景に12日の米株式相場が上昇。 ヘッジファンドなどの海外短期筋が中心となり買いが入った。 中国人民銀行が12日夕に発表した3月末の人民元建て融資残高の増加などを受け、 中国の景気改善に対する期待感から投資家のリスク選好姿勢が強まった

夜間
米決算 ゴールドマンとシティバグループの決算が予想を下回る。
決算懸念再燃で売られたが、株価はさほど下げずに小幅安にとどまる。
「米中協議が大きく前進 まだしなくてはいけないこともある」 ムニューシン財務長官

先週末のモルガンは好決算でしたが、本来の米決算は減額が多い。
その為、好決算には反応が大きく、減額決算には反応が小さい ということか?

昨夜はムニューシン発言や連銀総裁のポジティブな発言で下げ幅が限定的だったということでしょうけど。

引け後にJBハントが減額決算 時間外で大きく売られています。

-日々検証, 日経225, 日経概況, 海外市況概況

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.