市況概況 日々検証 日経225

2019/04/26 日経概況 夜間NY概況 平成最後の立会い日

投稿日:

日本時間

インテルが下方修正したことにより半導体関連銘柄に売りが先行。
ドル安円高も嫌気されて200円安になる場面もあったが、 日銀買いや売り方の買戻しもあって引けにかけて下げ幅を縮小した。
夜間の引け値よりは上昇。

米時間

★米GDPがサプライズ的な好結果。
★S&P500は過去最高値を更新した。

・インテルの決算が悪化したことから半導体関連中心に売られた。
・アマゾンが買われた 四半期ベース好決算
・フォードも大幅高。決算が市場予想ほど悪化しなかった
・エクソンモービルの決算が予想を下回り、エネルギーセクターも売られた

決算は強弱あるが米GDPの伸びで懸念は大きく後退。
S&P500高値更新したがネガティブな決算で上値は抑えられ。

日中時間に下値を試した日経は夜間は下値限定的で
年初来高値更新を意識する価格まで上昇した。

一日の流れを見れば 日本時間で少し突っ込んだ後に上昇。
経済は予想より強い。と判断してしまいがちですが・・・。
日本時間の前場では懸念が強かったですし10連休前の最後の立会いということで
買い持ちは大きな不安があったと思います。

米GDPのポジティブサプライズで夜間も上昇しましたが
現実には下方修正している企業も、多くあります。以前とは違うところですね。
しかし昨年末にかなりの懸念を先取り一旦下げていますので・・・・
好決算への反応は強く、ネガティブな決算へは「やや反応が鈍い」という感じですね。

 

-市況概況, 日々検証, 日経225

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.