日々検証 日経225 日経概況

2019/05/10 日経15分足 米中協議継続も関税引き上げ

更新日:

米中協議継続も関税引き上げ

日本時間

前夜のトランプ発言で期待の買い先行。

「今週中に合意の可能性がある」「彼らは協議にやってくる悪いようにはならない」

などのポジティブな発言から、警戒が強かった日経は寄り付きから買い先行。

前場終了間際、「米中協議は続行で合意」となったことで「最悪の事態は免れた」ことにはなったものの・・・。

予定通りに「関税は10%から25%に引き上げられた」。

その為、世界的な経済の先行き懸念が高まった。というよりも「買い先行」していた分、売られた。

海外勢は「25%への引き上げは折り込んでいたよう」で下値では買いが入り下げ渋った。

欧州時間、米時間

日本時間と同様に「先行き懸念」が先行。協議は続行するとはいえ「中国の報復関税」という懸念も持ち上がり

一時、21065円まで売られた。しかし米中協議の2日目が終了後、「今後の協議への期待」で買戻しが入る。

これは、もう一度、下値を固めるような動きがあれば買い安心感もあるのだが、再度の下値試しなく上昇すれば

警戒を解いてはいけないパターンかと思います。

 

米中協議と並行していたために大きく材料視されていないが・・・

イランの「核合意の一部離脱」とそれにリンクしたように北朝鮮のミサイル実験。

イランへミサイルを売り込むための北のミサイル実験だと思いますが・・・

完全にイランも北も「協定違反」。どちらも米国からの経済制裁で我慢しきれずに

動き出したと思いませんか? 結局は中東と朝鮮半島で地政学リスクが高まる可能性があります。

ポイントとして記憶しておきましょう。

-日々検証, 日経225, 日経概況

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.