日経概況

2019/05/20 日経先物チャート日経概況

投稿日:

日本時間は上昇

週末の夜間は米中懸念で安くなったものの、この日は「内容を伴わないGDP」に過剰反応して上昇した。
「消費税凍結」議論を避けたい勢力の仕掛けでしょう。
むしろGDP結果だけで売られる内容でしたけどね

グーグルのファーウェイへのアンドロイド供給停止など調整売り材料が出ているにもかかわらずの上昇。

夜間は案の定 下落
米国、スマホ関連。ファーウェイと取引のある半導体銘柄が大幅下落。

米市場ではファーウェイと取引する半導体株が大きく下げた。
フィラデルフィア半導体指数は-4.02%と大幅下げ。
企業ではクアルコムとザイリンクスは7%安、インテルは3%安
アルファベットは「アンドロイド」の供給を停止との報道。

ファーウェイの米国向け出荷量が減れば、米企業よりも国内半導体関連の方が厳しい現実になるかと思いますけど。
どちらにしても中国2025は中国国内で製造もすべて行う方向で進んでいますから
中国企業の下請けでしのいでいる国内企業は、この先大変厳しい現実が待っているわけですが

どうなっていくんでしょうね?

 

 

 

-日経概況

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.