日々検証 日経225

20190305 日経先物15分足 概況

投稿日:


3/5 日経先物15分足

日本時間
日経平均は反落。 前日の米国株安と直近の過熱感から、売りに押された。 中国で開幕した全人代での李克強首相の演説内容に 特段のサプライズがなく、切り返しの手掛かりを欠いた。 市場からは「全人代を受けて上海株の動きがどうなるか注 目されていたが、底堅く推移した。日本株の下落への警戒感も強まっていない」との声

夜間
米中貿易協議の行方を見極めたい投資家が多く、買い手控えムードが強かった。中国政府による経済成長率の目標の引き下げも売り材料。一方、市場予想を上回る米経済指標や米小売企業の好決算が好感され、ダウ平均は小幅に上昇する場面も。

チャート的には煮詰まってきた感じですね
明日、変化日ですがそろそろ抜けた方に短期的に動きそうです。

世界的に株価は
・金融緩和の終了 ・米国の保護貿易
により長く続いた上昇相場から下落相場へ変化してきていますが、
懸念されている緩和終了も株価が崩れるなら緩和継続の動きになっていますし
米国の保護貿易に関しても当初は不透明過ぎたことからの過度の懸念は後退しています。

とはいえ以前ほど緩和が拡大するわけではないことと
日本株に関してはこれから米国と2国間協議が半角的に始まることと
消費増税というイベントがありますので注意するべきですね、

五輪特需?そんなものはとっくに折り込まれており、これからは五輪による負の遺産を織り込んでいくタイミングです。

 

-日々検証, 日経225

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.