日々検証 日経225

20190325 日経先物15分足 日経概況

投稿日:

日本時間
前週末、欧州、米国で経済指標が悪化の流れを受けて、日経は大幅下落。
米債金利が逆イールドになったのも大きな売り材料。
メンバーサイトでは、日経平均(現物)の21000 20900は下げ渋れるポイントと指摘。
先物は現物から見て200円安(価格差が260円程度まで広がる場面もあり)
とりあえず安値売りはしないように注意としました。

米時間
欧州で経済指標が予想を上回り先行き懸念は若干後退したものの、
戻りは弱い動き。戻りというか下げ渋ったという感じですね。

加えて・・・トランプ大統領のロシア疑惑、トランプ氏を起訴できず。
米中交渉が進みやすくなる思惑も浮上と報道されている。

夜間も他のアジア株と比べて日経だけが大きく下げ過ぎていたので
安易に売らないよう指摘。

トランプ氏の不起訴については・・・もとより懸念として下落していたわけではないので
買い材料とも思わないし、トランプ失脚した方が株価は騰がったかもしれない。

日経ポイント
空売り比率を調べてみれば個人投資家の売りが目立ってましたので
一旦戻す可能性が高いと指摘。

下落ペースが速すぎるとも感じたが、一旦戻さずもう一段下がった方が今後の下値不安は減退していたんですがね。
一旦戻すという動きが「あや戻し」になると上値を固めてしまします。そうなると暫し厳しい動きになってくるかと思います。
上下激しい横ばいが多いと思ってますけど、戻りは弱そうですね。

-日々検証, 日経225
-, ,

Copyright© 日経先物投資術 , 2019 All Rights Reserved.